花フェスタ ミュージアム アンサンブル

花フェスタ記念公園の合奏団が結成されました!
あなたも一緒に演奏してみませんか?
コンサートのお知らせや、練習風景などをお届けします。

【号外】岐阜新聞に掲載されています

11/3花火コンサートの様子が
岐阜新聞で記事になってます。
ブログでも書きたいことはたくさんありますが
取り急ぎ、ご報告です(*・∀・*)

こちらから

11月3日花火コンサート アンケートページ

本日は花フェスタミュージアムアンサンブル 花火コンサートに 
ご来場、お聴きくださって、ありがとうございます。 

この日の演奏での感想、御意見、応援… 
その他いろいろ、思いの丈を、感じたこと、なんでも構いません 
この下のコメント部分で教えてくださると嬉しいです。 


名前は何かを入力していただくだけなので
ペンネームや匿名でも大丈夫です。 

投稿した内容は団内で共有し、喜びます。 
ぜひ、一言だけでも、お願いします。

また、フェイスブックにもページがあります。
 https://www.facebook.com/hanafesmuseum/?fref=ts
こちらもご覧ください。 
フェイスブックのページはフェイスブックに
登録していなくても読むことができます。

10月21日 オータムコンサートの様子

台風が接近していますね。この地方だと
「伊勢湾台風」を思い出させる様子なのです。

足元の悪い中、花フェスタ記念公園でのオータムコンサートを
聴きに来て下さったのを、ステージへ向かう途中に
立ち見はあまりないけどほぼ満席ということで
一番驚いているのは奏者側かもしれません。

「オーケストラの演奏があるから来ました」で
足を運んでくださったその会場に
私達奏者が入場する時、びっくりしました。


DSC_1490
報われる、なんて大層な言葉は難しいですけど
こんな悪天候の中でも聴きに来てくださる
オーケストラを聴きに来たよ!っていう人達がいること
それは団員にとっての励みになり、エネルギーになります。


DSC_1497
穏やかで、優しく語りかけていろんなことをお話してくれる
こんな優しいオーケストラは他には無い!と私は思っています。

DSC_1525
私、この写真大好きです。
金管楽器は楽器に景色が映り込むので素敵です。


DSC_1533
弦楽器の木材の色味って、なぜか惹かれるものがあります。


DSC_1516
シューベルトの未完成の最初の低音弦楽器は
「私、セロ弾きのゴーシュの動物になって 
楽器の中に入れられて体調良くなりたい」と思います。

DSC_1522

DSC_1529
真剣な眼差しです

DSC_1505
演奏中の写真は、なかなか奏者側にとっては
難しいのですが
その一瞬を切り取るということは音はありません。
録音とか録画してたら見えますけど…

しかし、私は、どっちかというと
「演奏を、目の前にある楽器で、生演奏が聴ける」
ことが、とてもとても、いいことだと思っています。

CD買えば聴けるじゃん、YouTube探したらあるじゃん…
確かにそういう時代ですが
本当に楽器から出た生の音ってその時にしか聴けないですよね。
まあミスも含めて、ですけど。

一瞬をご一緒したい、というのが
ブログ管理人の気持ちです(*´∀`*)

11月3日は花火コンサートです。
オーケストラの演奏を聴き、プリンセスホール雅の
近くで(霧のプレリュード)花火が見られます。

夜も特別に遅くまで公園がやっているので
明かりに照らされたバラもご覧ください。


10月21日オータムコンサート アンケートページ

本日は花フェスタミュージアムアンサンブル オータムコンサートに 
ご来場、お聴きくださって、ありがとうございます。 

この日の演奏での感想、御意見、応援… 
その他いろいろ、思いの丈を、感じたこと、なんでも構いません 
この下のコメント部分で教えてくださると嬉しいです。 

【掲載可】と併記していただきますと 
管理人がコメントを確認した後に
コメントとして表示しお返事をします。

【掲載不可】と併記していただきますと
ブログでの表示はされませんが、団員に伝えることが出来ます。 
団内で共有し、今後の演奏に役立てます。 
なんでも教えて下さい。 

名前は何かを入力していただくだけなので
ペンネームや匿名でも大丈夫です。 
メール/URL は空欄でも投稿できます。 
トラックバック欄は無記入で投稿できます。 

投稿したものはブログにはすぐには反映されません。 
エラーではありません。 (いたずら投稿を防ぐためです)

また、フェイスブックにもページがあります。
 https://www.facebook.com/hanafesmuseum/?fref=ts
こちらもご覧ください。 
フェイスブックのページはフェイスブックに
登録していなくても読むことができます。

10月15日の練習と秋のコンサートのお誘い

ご無沙汰していました!
半年近く何も更新できていなかったという事実に
さっき気がついてどんよりしている管理人です(´・ω・`)

==ここから言い訳==
パソコンが壊れたり(本体を変えたりOS戻したり)
管理人自体が体調不良で練習に行けなかったり
ブログの内容について悩んだり…
==言い訳おしまい==


image
本番前の最後の練習ということで
こう斜めに撮ることにより人が埋まってそうですが
体育館のようなホールの半分を使って練習しました。
(写真ってずるい…)

さて、秋のバラまつりですが
公園の公式サイトによると
薔薇の香りは恋の予感♡ 開催中
とのこと…(公式サイトはこちら!)

このブログでも「秋に咲く薔薇は香りが強い」と
いうことは書いたことあるなあと思います。

そんな公園内で私達が演奏する日は

10月21日オータムコンサート
園内 花のミュージアムホール
11:00~ 13:30~ 2回


11月3日花火コンサート
園内プリンセスホール雅
16:30~演奏
18:45~花火

です。

プログラム
ハンガリア舞曲6番(ブラームス)
交響曲第7番未完成(シューベルト)
指揮者コーナー:雷鳴と稲妻抜粋(ヨハン・シュトラウス2世)
カヴァレリア(マスカーニ)

==

舞曲、交響曲、指揮者体験ではポルカ、間奏曲と
曲の種類がバラバラですね。
そういった表情の違いも楽しんで頂けると嬉しいです。

==

ハンガリア舞曲は、作曲家ブラームスが
ヴァイオリン奏者の伴奏者として共に演奏旅行をしていた時に
伝統的な民族音楽に惹かれ楽譜に書き起こし「編曲」をして
もともと4手用ピアノ曲として作ったものです。
のちに色々な管弦楽版の楽譜が作られました。

曲の冒頭で私が勝手に想像したのは
「ネコ同士のケンカ」…
相手と見合って少しずつ距離を縮めていって…
ってなる感じなんですけど…

==

交響曲第7番「未完成」ですが、
未完成と聴いてつい私達が思い浮かべてしまうのは
「完成させることができずに作曲家が亡くなってしまった」
という勝手な(作曲家がつけた名称ではない)ことです。

以前、このブログでは
交響曲というのは、その作曲家の生き様なのではないか 
つまり作曲家自身の人生の一部のお話なのではないか 
と管理人の思いつきで書きましたが…
シューベルトは何を表現したのでしょうか…

初っ端から重いのです。すごく重い。
1楽章の冒頭はズーンと低音が床から来ます。
重苦しい。とてもつらい。
少し明るくなったかな?と思うとまた否定される…
そんな繰り返しを経て、でも負けないで立ち向かっていく

2楽章は穏やかに、スーッと迷いがなくなっていく
空を見上げたら天使の梯子が…みたいな
救われる思い、身を任せるような…

(天使の梯子については薄明光線(はくめいこうせん)で
 検索しますととても美しい空の様子が見られます)

==

雷鳴と稲妻、恒例の指揮者コーナーです。
団員は指揮者コーナーをいつも楽しみにしています。

==

カヴァレリアについてですが…
Cavalleria Rusticana(田舎の騎士道)という小説を題材に
オペラとしてピエトロ・マスカーニが作曲をしたものです。
今回演奏するのはその間奏曲です。
このオペラの作曲を始める前から思いついていた曲だそうです。

今では単独で演奏されることが多い曲です。
とにかく美しい、甘い、弦楽器の繊細な響きが素敵です。
贅沢で欲張りな曲です。

==
10月21日は、ミュージアムホールの2階で
「アロマワックスバーを作ってみよう」という催しがあります。
火を使わない香るキャンドルのことらしいです。
飾って香って可愛い(*´∀`*)

また、shop&café THE GARDEN では21日は
秋バラ週替りスイーツで「幻の青いバラスイーツ」が
なくなり次第終了!!とのこと…

その他公式サイトからPDFでパンフレットが読めますので
ぜひ御覧ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ