花フェスタ ミュージアム アンサンブル

花フェスタ記念公園の合奏団が結成されました!
あなたも一緒に演奏してみませんか?
コンサートのお知らせや、練習風景などをお届けします。

4月2日の練習

お久しぶりです、去年も確かに言いました
長い冬眠から目覚めた管理人です(`・∀・´)

まあいろいろあるんです。生きているから。

生きるということは様々な出来事に遭遇します。
自ら進んで行ったこともあれば
受け身のままに巻き込まれることもあるでしょう。
抗えないことも、起きるかもしれません。
良いこともあり、逆もあります。

できたら、私達オーケストラ団員に会いに来てくれる時は
能動的に、聴きたいな!って足を運ばれることを
願わずにいられません。
でも、偶然花フェスタ記念公園にバラを見に来て
何か演奏している?と立ち止まってくれるのも
また出会いだし、いいですよね。

春のコンサートの曲との出会いは
管理人にとってはまず「先生が提案された事」ですが
この曲を演奏して何かを表現したいという
能動的な気持ちが芽生えていきました。

ということで(強引) 

花フェスタミュージアムアンサンブルではじめて
交響曲に挑戦することになりました。

「交響曲ってなんだろう?」と思われた人!
実は私もよくわかってませんでした!
大丈夫です!

まず、交響曲という日本語を作ったとされるのが
森鴎外という小説家であり軍医や評論家でもあり
翻訳家でもあった明治大正時代に生きた人です。
響きが、交わる、曲
凄いですよね…
現代日本はわりと横文字ばっかりですが、
この時代の、外国の言葉を日本語にするという能力。

===ここからWikipediaの引用です===

交響曲(こうきょうきょく、英: Symphony、独: Sinfonie又はSymphonie)は、
主に管弦楽によって演奏される多楽章からなる大規模な楽曲。
シンフォニー、シンフォニア(伊: Sinfonia)とも呼ばれ、
「管弦楽のためのソナタ」である。


===ここまで===


そんな難しいこと言わないでください!と思うでしょう?

でも私達は知っているのです。

年末には「第九」という曲がよく流れることを。

それも、交響曲なのです。
(「第九」とは、ベートーヴェンの交響曲第9番(の主に4楽章)のことなんです!)


音楽のいろんなジャンルを食べ物屋さんで例えると

コース料理です!焼肉食べ放題です!

回転寿司です!ファミレスです!

…たくさんありますよね。


交響曲はどっちかというとコース料理みたいなものです。
構成などに決まりがあったりします。でも。 

コース料理を食べる時に味を調べて行きますか?
味わえばよいと思うのです。
料理を食べるのと同じで、演奏は聴けばいいのです。
諺で「百聞は一見にしかず」と言います。
レシピ見たけど食べたことはない、なんて勿体無いです。

音楽は血肉とはなりませんが、心が受け止めます。
どんな曲を聴いて、どんな風に思ったか、感じたか…
私たち演奏する側は、伝えるために練習をしています。
 
春のコンサートで演奏するその交響曲は
ドヴォルザークの交響曲第8番の3,4楽章です。
 
 管理人が最初に花オケに練習見学に行った時に
 「この曲をやるなら絶対練習して本番に乗ってやる!!」と
 思った超好きな「スラブ舞曲」もドヴォルザークだったんですよ(`・∀・´)
 
===また引用ですが===

交響曲第8番は「チェコの作曲家」ドヴォルザークの最も重要な作品として位置づけることができる。
ボヘミア的なのどかで明るい田園的な印象が特徴的で、
知名度の点では第9番には及ばないものの、第7番などと同様に人気のある交響曲である。

===引用しないとまともにブログ書けないんです===

作曲家違いですが同じ地方として
中学時代に合唱でモルダウを歌ったことがあるなら
このボヘミア…チェコ感がなんとなく伝わる…かも…

っていうか伝えます、演奏で。
(そうできるようにあと2回の合奏でがんばりたいねー。)

公民館から見える可児の景色
2017-04-02-17-58-36

練習風景
2017-04-02-17-58-57



花フェスタ ミュージアムアンサンブル コンサート 2017春

●2017/5/14(日)
11:00~
13:30~
花フェスタ記念公園内
花のミュージアムホール

●2017/5/21(日)
11:00~
13:30~
花フェスタ記念公園内
雅ホール


◉交響曲第8番/ドボルザーク
◉美しく青きドナウ
◉ラデッキー行進曲

花フェスタ記念公園公式サイト
春のバラまつり~世界の薔薇をあなたへ~


↑「美しく青きドナウ」と「ラデッキー行進曲」については
次回と次々回の更新で触れる予定です!!
がんばります!! 
 
P.S.
(`・∀・´)コメントなどいただけると喜びます(管理人が) 

2016年11月6日オータムコンサートの様子

DSC_0264

DSC_0266

11月6日のミュージアムホールでのオータムコンサート
写真のとおり、満員。ありがとうございます。 

DSC_0267

すぐ目の前で演奏が聴けるのがミュージアムホールです。
(ステージはなくて本当に目の前なんです)
 DSC_0273

DSC_0279

今回、楽器紹介とともに、一曲(というかワンフレーズ?)
聴いていただきましたが…みんな好きなんだなーこういうの(; ・`д・´)
なんていうかですね…ユーモア?あふれてて…
楽しそうに『とっておき』を披露してくれるのが。
本当こういうの好きです|д゚) 

DSC_0280

2階からの写真、大好物です(*'▽')
自分たちがこう見える、ってすごいです。



私たちは、また、春のコンサートに向けて練習をしています。
交響曲に挑戦しますよ!
次の春に、自分たちはどうなれるのか。どう聞こえるのか。

バラの美しい姿を見に公園に出かけた人が
偶然出会ったオーケストラがどんなだったらいいか…?
いろいろ団員にとってそれぞれだと思うのですが
「敷居が高いと思ったけどそんなことなかった!」
「音を浴びるのはこんなに楽しいのか!」
「勝手に座って聴いていいのか!」
私は↑こんな風になりたいです。だから、頑張ります。




団員はいつでも募集中です!
団員募集のページ ←こちらから!


こう見える…を連続的に記録したものが



facebook管理人さんによる定点カメラの動画も
最後まで読んでいただいたということで
こっそり(ぜんぜんこっそりじゃないか?)のせておきます。
(ダメだったら言ってください>団の皆様)
 

2016年11月3日花火コンサートの様子

DSC_0455

DSC_0458

DSC_9823

夜のプリンセスホール雅には幻想的で暖かそうな光がありました。
寒い中、お越しくださってありがとうございます。

本番寸前、いつもどきどきしながら袖からちらっと覗いたりしますと
 わ!がんばらなくちゃ!!という気持ちになります(*'▽')

DSC_0428

いつも思うのですけど、このホールは木の色が素敵なんです。

DSC_0430

楽器の木の色もそれぞれだし、楽器が映えると思います。

DSC_0447

DSC_0449

DSC_0450

 楽器紹介で持ち上げてこんな楽器です!と頑張る団員。

DSC_9848

DSC_9861
 
どんな団体でもあることなのですが
学生であれば卒業とともに部活を引退することや、
大人になっても都合が合わなくなることはあります。

『このメンバーでの演奏はもしかしたら一度だけかもしれない』
それはどこにでもありますね。 
一期一会って言いますもの。
その時にそのメンバーで一番いい演奏、したいですね。

11月6日号へ続く! 

11月6日オータムコンサート アンケートページ

本日は花フェスタミュージアムアンサンブル 花火コンサートに 
ご来場、お聴きくださって、ありがとうございます。 

この日の演奏での感想、御意見、応援… 
その他いろいろ、思いの丈を、感じたこと、なんでも構いません 
この下のコメント部分で教えてくださると嬉しいです。 

ブログでの表示はされませんが、団員に伝えることが出来ます。 
団内で共有し、今後の演奏に役立てます。 
なんでも教えて下さい。 

(【ブログ掲載可】と併記していただきますと 
 後日ブログにて掲載される場合があります。 
 全てのコメントを掲載できるわけではありません)  

名前は何かを入力していただくだけなので
ペンネームや匿名でも大丈夫です。 
メール/URL は空欄でも投稿できます。 
トラックバック欄は無記入で投稿できます。 

投稿したものはブログには反映されません(公開されません)。 
エラーではありません。 

また、フェイスブックにもページがあります。
 https://www.facebook.com/hanafesmuseum/?fref=ts
こちらもご覧ください。 

11月3日花火コンサート アンケートページ

本日は花フェスタミュージアムアンサンブル 花火コンサートに 
ご来場、お聴きくださって、ありがとうございます。 

この日の演奏での感想、御意見、応援… 
その他いろいろ、思いの丈を、感じたこと、なんでも構いません 
この下のコメント部分で教えてくださると嬉しいです。 

ブログでの表示はされませんが、団員に伝えることが出来ます。 
団内で共有し、今後の演奏に役立てます。 
なんでも教えて下さい。 

(【ブログ掲載可】と併記していただきますと 
 後日ブログにて掲載される場合があります。 
 全てのコメントを掲載できるわけではありません)  

名前は何かを入力していただくだけなので
ペンネームや匿名でも大丈夫です。 
メール/URL は空欄でも投稿できます。 
トラックバック欄は無記入で投稿できます。 

投稿したものはブログには反映されません(公開されません)。 
エラーではありません。 

また、フェイスブックにもページがあります。
 https://www.facebook.com/hanafesmuseum/?fref=ts
こちらもご覧ください。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ